青春アニソンブログ

アラサーのおじさんが青春時代のアニソンを懐かしむブログです。

66曲目 中川かのん「ハッピークレセント」

66曲目は、中川かのん「ハッピークレセント」です。

2010年発売、テレビアニメ『神のみぞ知るセカイ』劇中歌になります。

 

66曲目なので、何か悪魔が出てくるアニメはあるかな…と考えて、すぐに思いついたのが『神のみぞ知るセカイ』でした。早見沙織さん演じるハクアはかわいかったですね。ですが紹介するのは、中川かのん「ハッピークレセント」です。

中川かのんは、東山奈央さんが声優としてデビューした2010年に演じたキャラクターで、アイドルという設定です。なので、キャラクター名義でイベントやソロライブ等をやっていました。いきなりそんな役に抜擢されるなんて、さすが東山さんですね!東山さんはその後、だいぶ時間が空いて個人名義でアーティスト活動を開始しますが、初のワンマンライブが武道館というぶっ飛んだことをやってくれました。そして今はなんといってもワルキューレ!応援してます!!

中川かのんはアイドルなので、このハッピークレセントもキラキラしたアイドルソングに仕上がっています。そしてこの曲をアイドルソングたらしめているのは、デビューしたての東山さんのフレッシュさではないでしょうか。今の堂々とした歌いっぷりも素敵ですが、やっぱり当時にしか出せないものはあり、ハッピークレセントはそんな一瞬を切り取った名曲であると思います!また、口ずさみたくなる歌詞って大事だなー、とこの曲を聴いて改めて思いました。サビの「ハピハピハッピークレセント あなたにハッピープレゼント」なんて、まさにそうですよね。作詞のzoppさんはジャニーズの曲でよく名前を見かけますが、「青春アミーゴ」の作詞の方です。納得ですね。口ずさみたくなる歌詞というのは、この曲の作詞ではありませんが、畑亜貴さんが大活躍されている理由のひとつでもあると思います。

神のみぞ知るセカイは、キャラクター名義のCDがたくさん出ています。作者の若木さんが選曲したアニソンを、神のみぞ知るセカイのキャラクターたちがカバーしているアルバムなんてものもあります。もう本編と関係ないじゃん!と思いつつ聴いてみると、これがまたいいんですよ!おすすめの一曲は、豊崎愛生さんと田中敦子さんがカバーしている劇場用アニメ『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』主題歌の「Dearest」です。

このアルバム、若木さんの選曲が絶妙なんですよね!今の10代、20代の方が生まれる前の曲も多く、自分も知らない曲が何曲もありました。アイマスやバンドリのカバー曲を聴いて「こんないい曲あったのかよ!」と言う若者に対し「若い人はこの曲知らないんだ…」と驚いてしまうおじさん達がいますが、自分も人の事は言えなかったです…。